top of page

触覚ハンドで食品を盛付けるロボット、FOOMA JAPAN 2024に登場

更新日:4 日前

FingerVisionは、すでに複数の工場で稼働している食材盛付ロボットを東京ビッグサイトで開催されるFOOMA JAPAN 2024に展示します(2024.06.04~2024.06.07)。ロボットの実機デモやブース内セミナーなど現場をイメージしやすい形で盛付ロボットをお披露目します。





触覚センサ付き具材盛付ロボットの特徴

お弁当などの具材は多品種かつ不定形で壊れやすく、ロボットによる自動化は難易度が高いと考えられてきました。その壁を超えて、「盛付け」の自動化を実現したのが弊社の触覚センシングを活用したロボットシステムです。


「触覚機能」をロボットに搭載することで、食材に触れた時の「滑り」を検出し、様々な具材でも落とすことなく柔軟に盛付けできます。ロボットの上部にカメラを設置しており、番重(コンテナ)に入ったばら積み食材を最適な順番で掴むことや、コンベアを流れるトレーやカップを認識し、それらの位置ズレを臨機応変に補正して盛付けることができます。

例えば、代表的な食材でいうと、だし巻き卵、唐揚げ、ハンバーグ、ギョーザ、竹輪磯部揚げ、エビフライ、コロッケ、巻き寿司など、様々です。


FingerVisionは、工場・現場における実用性を徹底的に重視しており、衛生面、安全面、使いやすさに拘りがあります。例えば、食材に直接触れるロボットの「手先」部分は、食品衛生法に準拠した素材を使い、かつ、「手先」だけをワンタッチで取り外しができるため、定期的な洗浄・水洗いも容易です。

また、人がずらっと並ぶ盛付ラインのうち、部分的な盛付タスクを自動化するために導入されるお客様も多く、その場合、ロボットを安全柵で囲い安全性を担保するとともに、キャスターでロボットを移動することで生産計画にあわせた柔軟な配置も可能です。食材変更時の段取り変えも簡単に行えます。


まさに人でいう「いい感じ」の掴み方が必要な巻き寿司

例えば、スーパーやコンビニに行けば誰もが目にする食材に「巻き寿司」があります。人手もかかるため、自動化のニーズが高い一方で、非常に技術的な難易度が高い食材の1つでもあります。それは、巻き寿司は、お米も中身の具材も柔らかく、「力加減が弱いと中身の具材が落下してしまう」、一方で、「力加減が強いと海苔が手にくっついてしまう」という相反する特徴があるため、「いい感じ」の掴み方でないと盛り付けることができないためです。


この点、FingerVisionは、まさに人でいう「いい感じ」の掴み方をロボットで実践しています。(詳細は以下動画)



展示会情報

FOOMA会期中は、毎日午後1時からブース内 (東 7J-09) でセミナーを実施予定です。また、1時間に5分程度、コンベアラインにトレイを流し、複数のロボットで各食材を盛り付けるデモンストレーションも行う予定です。是非ご来場ください。


<セミナー>

6/4~6/7 の会期中、毎日午後1時からブース内 (東 7J-09) でセミナーを実施します。ロボットの特徴や使い方の解説などを行います。


<実演デモ>

6/4~6/7 の会期中、以下の時間帯で、の時間帯でコンベア上を流れるトレーに具材を盛り付ける実演を行いま

す。省人化・自動化に取り組まれたい皆様、お気軽にお立ちよりください。


■実演デモ実施時間■

6 月 4 日(火)~7 日(金)毎日実施

10 時~、11 時~、12 時~、13 時~、14 時~、15 時~、16 時~



イシダ+安川電機+FingerVisionで自動化ラインをコラボ実演

今回のFOOMA2024では、株式会社イシダブース(東6ホール ブースNo.6P-69)にて、パスタ計量機と唐揚げ盛付ロボットを組み合わせて、自動化ラインを展示します。

最新の技術・製品を組み合わせた実演デモに是非、ご注目下さい!! ※敬称略


Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page